ドローンコンサル

DJコンサルティングサービス

  • 社内ドローン事業計画、顧客向け提案の作成支援
  • ドローンのハードウェア及びソフトウェア、サービス、周辺機器の選択支援
  • 各種実証実験のドローン活用提案
  • 海外展開、海外ドローンソリューションの紹介
  • 各社または各団体にカスタマイズした社内勉強会やセミナー

3つの特徴

  1. ドローン業界や技術トレンドについて多数の報告書や書籍を執筆し、インサイトに基づくドローン事業の支援実績
  2. 「ドローンオープンプラットフォーム」プロジェクトの主幹事、国産主要ドローンメーカーなどへのコンサル、協業実績
  3. 「ドローンエンジニア養成塾」の卒業生と連携し、各技術ブロック全般に対するソフトウェア開発支援が可能

コンサルティング内容

  1. ドローン事業計画支援・提案
  2. 顧客向け提案支援
  3. ドローン商品・サービス・パッケージソリューション提案
  4. ドローンのハードウェア及びソフトウェア、サービス、周辺機器の選択支援
  5. 各種実証実験のドローン活用方法提案
  6. 海外展開、海外ドローンソリューションの紹介・提案
  7. 各社・各団体にカスタマイズした社内勉強会・セミナー

方法・進め方の例


ドローングローバル&国内動向

ドローンのビジネスは何が出来るかを検証する実証実験のフェイズから、誰でも安定的にどう使っていくかを問う実運用フェイズにシフトしてきており、その中でビジネスが広がっています。
全体のシステムとしての使いやすさや運用の安定性が重要です。
そこにおいては、ソリューション連動が取りやすいオープンソースのフライトコードに注目が集まっています。
農業分野におけるドローン活用においては、農地データを使った食料バリューチェーンが重要になってきており、また、搬送や様々な作業代替において、自律移動型のロボティクスの本格活用も間近に迫っています。 また、日本において、産業振興やセキュリティの観点からも日本製のプロダクトの注目もあがってきています。

ドローンビジネス調査報告書2022

発行:株式会社インプレス
発行日:2022年3月24日

2016年から毎年執筆し、今年で6年目になります。渾身の調査レポート、ぜひ”2022年度ドローン活用事業”にお役立てください。


コンサルティング・セミナー

ドローンの活用も業務分野や活用目的に応じて、ステージが異なってきています。
昨年度(令和2年度)での、業務分野ごとでの現況、技術状況とともに、本年度の法改正、ソリューション導入や技術トレンドを説明・解説します。

「ArduPilot」開発支援
サービス

ArduPilotとは世界で最も使われている「ドローンオープンソースソフトウェア」であり、その「開発者コミュニティ」です。イームズロボティクス株式会社をはじめ多くのドローンメーカーが新機体やソフトウェアソリューション開発時に活用しています。「アルデュエックス・ジャパン」とともにArduPilotによる機体開発・ソフトウェア開発をご支援します。

ドローン オープンプラット
フォーム プロジェクト

ドローン産業も社会実装が本格化しています。
国内ドローン関連の製品・サービスの社会実装を加速するため、各ドローン関連企業の技術連携が可能なプラットフォームを形成します。

TOP