メンバー紹介

Prof_Katsumata_2.jpg

勝俣 喜一朗

代表取締役社長

マイクロソフトにて23年間、Windowsの黎明期・拡大期において国産OEMのPCの開発支援事業、流通小売事業者向け販促事業を通じ、現在のIT業界の基盤づくりに貢献。 2007年、業務執行役員に就任。 2014年11月退社。「日本のものづくりの原点「農の匠」の技をドローンIOTの活用により再生飛躍させる。」ことを標榜し一念発起、2015年12月にドローン・ジャパン(株)を共同経営者・春原と共に起業。「ドローンx農業」業界の草分けとして国内外で事業展開中。また、 「事業構想大学院大学」 「16歳の仕事塾」など学校法人・NPOの客員講師。 高校生から社会人まで幅広く「ドローンx農業」を事例題材とする、AI & BigDataの講演・講義を行っている。

Sunohara.jpg

春原 久徳

取締役会長

三井物産デジタル及びマイクロソフトで PC マーケットの黎明期からPCの普及に貢献してきました。そして2013年、ドローンビジネスに身を投じる。2015年、セキュアドローン協議会会長に就任。同年、勝俣と共にドローン・ジャパン(株)を設立。2017年8月、一般社団法人ドローン自動飛行開発協会(DADA)の代表理事に就任。インプレス社発行「ドローンビジネス調査報告書」を毎年執筆。現在、産業向けドローンの活用提案を行い、複数各業界メーカーへのドローンの各種新規事業企画し、コンサルティングし、多くのドローン新規事業を立ち上げ中。

Prof_Kaizu2.jpg

海津 裕

技術・開発顧問

東京大学院農学生命科学研究科生物機械工学研究室・准教授・農学博士。専門は農業ロボット。ドローン・ジャパン設立当初より、水稲の初期栽培管理の要となる水・雑草管理への応用を目指し、愛称「アイガモドローン」の試作開発を行ってきた。また、AruduPilotおよびそのフライトコントローラーを活用し、リモートセンシング対象を露地栽培、さらに施設栽培に広げる「ドローン・ジャパンオリジナルローバー型センシングドローン」の研究開発を担う。

Prof_Deguchi_edited.jpg

出口 弘汰

エンジニアリング オペレーター リード

鳥取大学農学部を卒業。修士では鳥取砂丘を対象にドローン測量&リモセンについての研究を行う。学生時代にはインターン生として、ドローン・ジャパンに参加し、ドローンリモセン事業に携わる。養成塾第4期卒。ドローンベンチャー、フリーランスの産業機用ドローンパイロットで多くの現場を経て、2019年4月ドローン・ジャパン入社。地産地防プロジェクトの講師や最先端のドローン実証試験にパイロットとして参加し、DJパイロットチームのリーダーを担う。「ドローン×農業」でこれからの農業を切り拓くため、日々奮闘中。