「ドローンワインプロジェクト 」 開始

ドローンに装着する様々なカメラで「農作物」を上空からから撮影、その撮影画像をAI解析することで「その作物の生育状況」を判断し農業に役立たせる技術が今世界で広がりつつあります。


ドローン・ジャパン株式会社(所在地:東京都千代田区 代表取締役:勝俣喜一朗)は、2020年より南仏のワインの生産者の協力を得ながら「ドローン&AI」を活用し、"農薬・化学肥料に頼らない栽培支援技術"として、テロワール(ワインぶどう畑)の見える化を「ブドウ樹と雑草との区別分布」、「ブドウ畑の地力分布」にして表現する技術を開発しました。 


そして、その技術を活用・発展させ、「ひとりでも多くのワイン用ブドウの有機栽培生産者を増やす」ことを目指す活動をこの度「ドローンワインプロジェクト」と称し開始します。


また、協力生産者の畑から収穫されたブドウの一部を原料にした、2020年のヴィンテージワイン、「ビコーズ, アイム シャルドネ フロム サザンフランス」株式会社フィラディス輸入(所在地:神奈川県横浜市 代表取締役:石田大八朗)と、「アッサンブラージュ ブラン 2020」株式会社成城石井輸入(所在地:神奈川県横浜市 代表取締役:原昭彦)が、それぞれ本日、販売開始されます。


PressRelease_20220414
.pdf
Download PDF • 1.05MB

カテゴリー
最新記事