セミナー

セミナー「ドローン本格運用に向けて、現在すべきこと

講座名

ドローン本格運用に向けて、現在すべきこと

日 時

  • 2022年10月7日(金) 13:30~15:00

  • 2022年10月21日(金) 13:30~15:00

​​※ 全日程、同じ内容となります。

​費 用

​無料

受講方法

Zoomウェビナーを使用したオンライン受講

アジェンダと背景

  • ドローン国内市場

  • ドローン活用の現状

  • ドローンの全体的な技術概要

  • ドローンオープンプラットフォームとは

  • ドローン本格運用に向けての課題

  • 課題解決のために

ドローン活用に関して、2015年から様々な実証実験がされてきました。それはドローンで何ができるのか、どうしたらそれが可能なのかという検証でした。

その中では国プロといわれる予算も、その実証実験には大きく貢献をしてきました。しかし、有人地帯の目視外飛行(Level4)に関する制度設計(機体認証や操縦資格制度など)も施行が決まり、国としてはドローンに関してある一定のゴールに達し、次世代モビリティ(空飛ぶクルマ)にその制度設計のテーマは移行してきています。

一方で現状のドローン産業としては、実証実験から実運用のフェーズに確実に移行してきていますが、ドローン活用企業において、企画・開発チームから実運用チームに移行していくケースが増えてきており、その中で運用に関しての様々な課題が上がってきています。

このセミナーではその課題を整理するとともに、ドローンサービス企業やドローン活用企業において、その課題を解決にむけた方向性を示すものになっています。

講師紹介

ドローン・ジャパン株式会社

会長・春原 久徳

ドローン関連コンサルティング、ドローンソフトウェアエンジニア育成事業、ドローンによる農業サービス開発を行っている。

三井物産のIT系子会社で12年、米や台湾企業とITコンポーネンツの代理店権の獲得および日本での展開を担当。 その後、日本マイクロソフトで12年、PCやサーバーの市場拡大に向けて、日本および外資メーカーと共同で戦略的連携を担当。

2015年12月ドローン・ジャパン株式会社を勝俣と共同設立。

 

他、各産業業界誌で多数執筆。農林水産省、NEDOや各業界団体でのドローン関連の講師を年間60~80回程度行っている。