DJドローン
上空感度チェックサービス

​【サービス内容】

飛行エリアでの上空感度(LTE通信強度・GPS精度低下率)を地図で位置情報(座標と高度)ごとに示すレポートサービスです。

 

上空強度を確認したいエリアに当社スタッフが参り、上空感度確認用ドローンを対象エリアで飛行(範囲により複数回飛行)。エリアマップ内、定間隔ごとにプロットし、プロットごとの高度と上空感度(LTE通信強度とGPS精度低下率)をマップレポートにてご提供します(2021年12月21日現在でのLTE通信キャリアはNTTドコモのみとなります)。

LTE_RSSI_Edit.png

LTE通信強度

LTE通信強度をプロット(RSSI:XX、XXがLTE通信強度値)

このプロット図では高さ30mで強度31(=良好)

GPS精度低下率

GPS精度低下率をプロット(HDOP:XX、XXがGPS精度低下率)

このプロット図では高さ30mでGPS精度低下率0.55(=良好) ※ 同条件(機体構成、日時など)の場合

LTE_GPS_Edit.png

​【背景】

現在、レベル3および4(第3者上空目視外飛行)の実現に向けて、「LTE通信SIMを装着したドローン」が各社から発表・リリースされはじめています。また、目視外飛行はもちろん、すでにドローンの活用が進む目視内のユースケースでも、LTE通信で直接ドローンのデータがクラウドに上がる特性を活用した新たなサービスが生み出されていきます。

 

LTE通信できるドローンを利用するうえで、飛行エリアでのLTE通信環境を確認することは、GPS精度低下率の確認とともに非常に重要になります。

 

ただし、同一エリア・高度であっても、LTE通信強度およびGPS精度低下率は、日時や天候によって変化する場合があります。測定結果については、強度の目安としてご活用ください。

​【価格】

場所・エリア範囲により決定

​【お申し込みのご相談 】