ドローン・ジャパンではこれまで、株式会社ACSLを中心とした国産産業用ドローンに特化し、

パイロットや運航管理者として、数々の実証試験に参加し、サポートを実施してきました。

 

需要の増加に伴い、2021年にエンジニアリング・パイロット事業部を新設。

体制を強化し、産業の流れである「実証」から「実用」に向けて、これまでのノウハウを活用し、

ドローン事業者およびユーザーに対しサポートを行い、産業全体の発展に貢献して参ります。

サービス

スクリーンショット 2022-08-17 134046_edited.jpg

開発・評価試験支援

PoC・デモフライト試験

飛行ルート作成

遠隔監視業務

​(ディスパッチャー)

初期・定期運用支援

講習トレーニング

機体販売

3つの特徴

01. 産業用ドローンに特化

市販されている広く知られたDJI製とは異なり、個々にカスタマイズや機能が異なる産業用機体を取り扱っていることから、注意事項やその確認方法に渡り、これまでのノウハウを生かし安全にオペレーションを行うことが可能です。

02. エンジニアリングスキル

パイロットとして、飛行技能はもちろんのこと、機体の制御に関する知識やMission Planner等、各種オープンソース系に関するソフトウェアの知識、ログ解析等を行うことができる。その為、開発試験時において様々な角度からフィードバック、提案を行う事が可能です。

※ 対応するパイロットは、弊社のドローンエンジニア養成塾を受講・修了しています。

03. 現場力

近年の実証試験ではそのほとんどが自動航行で実施されています。しかし、何かが起こる可能性があるのが現場であり、その対応や判断が問われてきます。それらに対応する能力を持ち、また未然に発生を防ぐためのノウハウや管理体制を構築しています。

近日公開予定
今しばらくお待ちください...

​お問い合わせ

お問い合せフォームより必要事項及び希望日時を選択のうえ送信ください。
担当者よりオンライン相談(zoom使用)の日時等をご連絡させていただきます。