© 2015 Drone Japan All Rights Reserved.

鹿検知コンペティション

特別賞受賞

- ドローン・フェス in INA Valley -

2017年10月19日から20日にかけて行われた「鹿検知コンペティション」において、ドローンソフトウェア養成塾第1期卒業生の山口達也さん村田勝利さんが参加していたグループ「Team ArduPilot JAPN(TAP-J)・エンルートM's」が特別賞を受賞しました

技術紹介

鹿を検出するために、オープンソースであるCanberraUAV Image Processing(cuav)ツールを使用しました。

このツールはArduPilotの開発メンバーが、オーストラリアで開催されているUAV Challengeという捜索救難コンテストのために作りました。cuavでは、上空(ドローン)から撮影した画像を元に、地面と異なる物体の検出を試みました。

山口達也プロフィール

ドローンソフトウェア養成塾第一期卒業生。
某外資系IT企業にてWindows Serverのサポートとして現場での緊急対応やトラブルシューティング手法に関するワークショップを多数講演。2016年度からはサイバーセキュリティ企業に従事し、Webセキュリティ診断、開発を行う。


【ドローンに関する経歴】
ArduPilot向けスマートバッテリードライバのベース部分の開発。ドローンソフトウェア養成塾第三期の講師を担当。鹿検知コンペティションで特別賞受賞。他多数。