© 2015 Drone Japan All Rights Reserved.

Choshi Marine Rescue

Challenge 2018

特別賞受賞

2018年8月9日から11日にかけて行われた「Choshi Marine Rescue Challenge 2018」において、ドローンソフトウェア養成塾卒業生グループ「Team ArduPilot JAPN(TAP-J)」が特別賞を受賞しました。尚、このイベントは我田講師中心に企画・運営されました。

競技内容

海に転落した遭難者を発見する「課題1」。遭難者を発見した後に、遭難者に救命用具を届ける「課題2」の2種類の競技で行われます。遭難場所は、離発着ポイントから1.5㎞離れており、1㎞四方のエリアのどこかに遭難者に見立てたマネキンを設置しました。

受賞理由

TAP-J は、課題2において、救難用具の運搬を全自動で行い、ミッション自体の処理時間も全チーム中で最速でした。投下ポイントも正確でしたが、実際の海上では、潮や風、波の影響で多少のずれが生じます。その結果、課題解決には至りませんでした。ただし、TAP-Jは正確な地点へ最短時間で到達する技術をすでに有しています。