ArduPilot開発のための実機を作る(Navio2中編)

Navio2を使った実機作成の後編に行く前に、ちょっと寄り道の中編を書いてみます。 テーマは「GCS(Ground Control Stations)との接続方法」についてです。 前編では、Navio2 → GCS(UDP14550番ポートでListen)の接続要求でした。自宅に居ながらのローカルネットワークの環境であればこれで十分です。 外に出て、フィールドワークをしたり、タブレット・スマホなどのデバイスに接続したいと思うたびに、ラズベリーパイにログインしてGCSの接続先を書き換えて、っていう作業をしないといけません。 出先でネットワーク環境があるか、モバイルルーターなどを持ち歩かないといけません。。。これはなかなか不便ですよね。 折角、ラズベリーパイにWi-Fiがビルドインされているのにそれを活用しない手はないですよね。 よく市販のドローンであるような、ドローンがWi-FiのAPになっていて、それにスマホを接続する方法をNavio2でもやってみましょう。 【注意事項】 Navio2とGCSは1:1という前提です。1:多などはまだ試したことがないので動くかはわかりません。 設定ファイルの内容や、パスなどは私の環境そのままです。必ずご自身の環境に合わせて変更してください。 不備、間違い、改善点などありましたら遠慮なくご指摘ください。 【更新情報】 2017/05/08 ワンライナーに関するご指摘 2017/04/30? インターフェース「wlan0」の表記強調 ■ 前提条件と作業の流れ この記事は「ArduPilot開発のための実機を作る(Navio2前編)」を前提としています

© 2015 Drone Japan All Rights Reserved.